★ ★  審判の心得  ★ ★


香川県はセルフジャッジで行っています
(セルフジャッジとは、選手自身が判定とコールをする事です)


  1.  選手の吊前を確認、じゃんけんをしてサーブもしくはレシーブを、選んでもらう。


  2.  ペアのどちらが、サーブを先にするかを確認。
    ( スコア用紙へ記入 )
  3.  

  4.  「 練習を2分間して下さい 《と、伝える。( それぞれ最初の試合のみ )


  5.  2分終了後、「 タイム!この試合は、6ゲーム先取、ノーアドバンテージ方式
      で行います《と伝える。


  6.  「 ○○さんサーブ! プレイ! 《の声で試合開始。


  7.  各選手が一回りするまで、「 ○○さんサーブ! 《とサーバーの吊前を伝える


  8.  ポイント決定時は、大きな声で、サーブ側の点数から伝える 「 1 : 0  《

  9.                          (フィフティーン)(ラブ)
  10.  ポイントを先に伝えて、スコア用紙へ記入。


  11.  フォーティーオールは「 デュース! 《と伝えてレシーバー確認する
    ( ミックスの場合は、同姓同士 )


  12.  ゲーム終了時「 ゲーム!《 「 ○○と○○ペアリード   2  -  1 《

  13.                             (トゥー)   (ワン)

  14.  1ゲーム終了後「 チェンジエンド 《と伝え、チェンジコートしてもらう
     ( 奇数ゲーム終了後 )

     2ゲーム終了、コートはそのままサーブだけ変わります。

     3ゲーム終了後は、1ゲーム終了と同じように伝える


  15.  ゲーム中のコール


  16. ▪ フォールト      サーブの アウトの事

    ▪ フットフォールト   サービスライン・オーバー等

    ▪ ネット        サーブボールが、ネットINした時

    ▪ アウト        打球が、コート枠内外等

    ▪ レット        他コートからのボールの進入等、ゲーム中断の場合
                ( タイムでも OK )

    ▪ ファウル       2度打ち、2バウンド以上で打つ等。オーバーネット
                ( 打球後はOK )

    ▪ タッチ        ネットタッチ ・ ボールが体に触れる等 

    ※  ボールを受ける側のチームは、コート内にボールが入らなかった時「 アウト 《

       と大きな声で、審判に伝える。( 審判が勝手に判断しては行けない )

       プレイヤーの判定が、明らかに間違いである場合は、変更判定する。

       打球が、ポールに当たってから相手コートへINの場合は、OK

       (ネットの上下関係無し)

       打球が、ポールの外側からINの場合も、OK(ネットの上下関係無し)

       ネットより高いポール使用の場合、コートの高さよりも上の位置で
       ポールに当たり相手コートに入った時はINになります。

       サーブの場合は、ポールに当たると、フォ-ルトになります

  17.  プレー終了時「 ゲームセット! ○○と○○ペア  6 * 3  《


  18.  で勝ちましたと伝える。           (シックス)(スリー)

  19.  スコア用紙に敗者チーム代表者サインと審判員のサインを、忘れずに記入。


  20.  スコア用紙を本部へ提出。





 スコアー用紙A4印刷 




★最初のホームページに戻る 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Copyright(C)2009-2015 access. All Rights Reserved